何はともあれ林檎♪: 7月 2009

2009年7月10日金曜日

新着MMS受信


本日より、ようやく APP Store から iPhone 3G、iPhone 3GS で使う、MMSのセンター問い合わせアプリ(無料)がダウンロード可能になりました。
その名も、「新着MMS受信」。
分かりやすい名称です。SoftBank の事前の通達では、6月下旬迄にはダウンロード可能になるとのことだったのですが、遅れた経緯は Apple の審査通過に時間を要したのでは?と推測。

勿論、iPhone 3G の方は、OSをバージョン3.0にアップデート(無料)しないとMMSの機能自体が使えません。
さっそく使用しましたが、やはり助かります。センターに置き去りだったメールが届きました。






2009年7月8日水曜日

専門家でも知らないことってあるんですね。

http://plusd.itmedia.co.jp/mobile/articles/0907/03/news095.html

このブログの一つ前のやり方すれば、メールも送られてこないですし、簡単にパケット通信料の増大をゼロにできるのに。

2009年7月6日月曜日

iPhone 3GS と iPhone 3G を併用するならば



現在、iPhone 3G と SoftBank の 普通の3G 携帯を併用しているのですが、オンラインのSoftBankショップにて、3G携帯から買い増し(機種変更)で iPhone 3GS を先日予約注文しました。iPhone3GS と 現在使用中の iPhone 3G のUSIM カードを差し替えて、既存の環境を維持したまま iPhone 3GS をメインに使い、iPhone 3G の方は月額最低料金を維持できないか考えました。
要するに、万一の場合に備えて iPhone 3GSとiPhone 3G を併用するならば、という前提で話を進めます。

下記サイトが非常に参考に成りました!

iPhone 3G でパケット通信を WIFI に制限する方法

上記サイトでは、入手したプロファイルを iPhone 3G へメール送信で添付するやり方をとっていますが、 iPhone 構成ユーティリティー(Windows)iPhone 構成ユーティリティー(Mac)を使用して iPhone 3G のプロファイルを変更しても同様の事ができます。

この作業の結果、iPhone 3G は、通信機能が電話とWIFI に制限されるので、3G経由でのパケット通信料の増加をゼロにすることができ、月額最低料金を維持することが可能になります。
万一、iPhone 3G で通信機能をもとに戻したければ、単にプロファイルを iPhone 3G 側で削除するだけでOKですので大変便利です。

目から鱗ですね。